鹿児島高専テクノクラブ(通称:KTC)の概要

 南九州地域の有志企業が、地域との連携強化を学校の理念の一つに掲げている本校と相図って、産学官交流組織「錦江湾テクノパーク クラブ」(通称 KTC) を平成10年3月に設立し、平成28年4月から、名称を「鹿児島高専テクノクラブ」に変更しました。

 現在98社(令和2年11月現在)の会員企業と、鹿児島県商工労働水産部、鹿児島県工業技術センター、かごしま産業支援センター、鹿児島市、霧島市等16の公的機関が特別会員として加入しており、会員企業によるセミナーや、会員企業の技術支援のために技術交流会も開催しています。平成30年3 月、創立 20 周年を迎えました。

〇主な活動

・総会、技術研修会・・・・・毎年、年1回の総会と年3回の技術研修会を開催しています。技術研修会では様々な分野から毎回講師の先生を招聘し、特別講演を行っています。また講演だけではなく、ラボツアーや学生からのアンケート紹介など、共同研究の促進や地域企業への就職率の向上に寄与する活動も行っています。

・高専生のための地域企業研究会・・・・・毎年、年1回開催しているKTC主催の企業説明会です。令和元年度は令和2年1月22日(水)に、令和3年3月に卒業・修了予定の学生を対象として開催しました。

・保護者向け合同企業説明会・・・・・保護者の方に地域企業を知ってもらうため、平成28年度より、毎年保護者懇談会の際に開催している保護者向けの企業説明会。令和元年度は令和元年5月25日(土)に開催しました。